2016年01月25日

BLの複数プレイを水戸黄門さまから学ぶ

ドラマCD水戸黄門・・・

ジャケットのイラスト見た瞬間、
思ってしまった・・・いや、
妄想してしまった・・・

「水戸黄門さまと、助さん角さんで、3Pですと?!!」

ドラマCD 水戸黄門 [ (ドラマCD) ]

価格:4,179円
(2016/1/25 11:51時点)
感想(1件)




CD/ドラマCD/ドラマCD 水戸黄門 第2巻 (DVD付) (限定盤)/FFCO-136 [2/24発売]

価格:4,087円
(2016/1/25 11:51時点)
感想(0件)




よく見たら・・・うん・・・
ドラマCDであって、
BLドラマCDとは、書いてないですね・・・o ̄_ ̄o)

だって、水戸黄門様が若いんですもの・・・
だって、助さん角さんが、美形なんですもの・・・

だって、水戸黄門・・・こうもん・・・ゲホンゲホン

すみません!!
スライディング土下座します!!!

と、いいながら、まだ、心の隅で、
腐ったCDドラマであってほしいと、思っている私が←おい

受けが、水戸黄門様で、
攻めが、助さん角さんで、
三人で・・・あれやこれや、アンアンだと、思ったんだもん(w゚Д゚)w


さてさて、ボーイズラブにおいて、
3P(複数プレイ)って、
どのくらい人気のジャンルなのでしょうか?

主人公総受けメインの私の小説だと、
3Pもありだと思うのですが、
どっちかというと、
主人公が名前もない男達に襲われてってパターンが多いですね(*´O`)

複数プレイより、
攻め×受けだけのほうが、
ボーイズラブ好きの方には、
一途で純粋な思いが伝わるので、好まれるのかな?

それとも、二人以上から好かれているけど、
「どちらも、大切で、選べない・・・」
というおいしい状態で、
流されながら、いい男たちに好かれ続けて、
エッチしてしまうほうが、萌えるのでしょうか?

あれ?
それが、総受け?
3P(複数プレイ)?
あれ?私は、なんのジャンルの小説書いてるんだっけ?

BLの奥深い森に、迷い込みましたーーーー!!(w゚Д゚)w


・・・こうもん・・・・さま・・・
最後に話は、戻るようで、戻ってないですが、
BL小説の表現に、あんまり、『肛門』って使わないのかな?

表現的に、直接的すぎるとか、美しくないとか、
BL的、夢の世界を壊す気がするって感じでしょうか?

みなさまは、どんな表現をしてますか?
(どんな表現をしたのも、みたことありますか?)
私の小説のレベルアップの為にも、教えて下さいませ←おい

肛門イコールでありながら、美しきエロと妄想をかきたてる、
BL的表現の言葉を\(´∀`)丿\(´∀`)丿


毎日ポチポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL情報へ
にほんブログ村

私の他のサイトです
『散らされた花の行方(本編~オリジナルBL小説~)』
『散らされた花の行方(番外編)』
『散らされた花の行方~更なる深淵へ~』
posted by ちぃ at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432978930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック